コラム

HOME» コラム »暑い夏だからこそ、あたたかいものをたべよう。

コラム

暑い夏だからこそ、あたたかいものをたべよう。

千葉市の鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

九州・朝鮮半島・中国・モスクワと世界中で、大雨が降り、かたや世界各地で40度を超える猛暑になったりと世界的にみても異常気象のようです。

トランプ大統領もG20サミットで、世界の国々と協調して地球温暖化対策に取り組もうと心改めてくれないかな、と少し期待しております。

今日も千葉市はとても暑いです。

患者さんが、車の室外温度計が37℃を指していたといっていました。

夜も暑くて眠れないというお話もよく伺います。

体を冷やしすぎないように上手に空調を使って、快適な生活を送ることが、健康にとっても大切です。

ただし、夏に胃腸を冷やしすぎることは要注意です。

夏に冷たいものを取りすぎると胃腸が疲れて夏バテの要因になりますし、気温が下がる秋冬に体調を崩しやすくなります。

暑い夏だからこそ、体に優しい温かいものを食べ、汗をかくことで、秋冬の寒さに負けない体を作ることができます。

冷たいものは、ほどほどにして、元気に夏を乗り切りましょう。

鍼灸治療は、冷えと疲労を取り、自律神経・ホルモン分泌・免疫の働きを整え、体調不良を改善する最適の医療です。

暑くなり、体調がすぐれないと感じる方は、千葉市の鍼灸院 鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

2017/07/08

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面