コラム

HOME» コラム »不妊は病気ではありません。だから、リラックスできる治療が必要です。

コラム

不妊は病気ではありません。だから、リラックスできる治療が必要です。

千葉市の鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

鍼灸整骨うりずんには、妊活・不妊で鍼灸治療を受けに来る方が多くいらっしゃいます。

不妊は、病気ではありません。

自分たちの血を分けた子供が欲しくなければ、自分たちに子供ができにくいことすら気が付かないと思います。

不妊症の女性の場合、生理痛がきつい、生理不順がある、月経前症候群などの不快な症状や、場合によっては、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、多嚢胞性卵巣症候群、甲状腺機能の異常などの疾患を患っている可能性はあります。

不妊症の場合、それらの症状や疾患をただ治すだけではなく、妊孕性(妊娠力)を向上させつつ、治療しなければなりませんので、とても難しいことです。

必要に応じて、手術が必要であったり、一時的に生理を止める治療を選択することもあります。

しかし、それらの治療自体は、妊娠に邪魔な要素の除去や抑制が目的で、治療後、体がすぐに妊娠しやすくなるわけではありません。

やはり、妊娠しやすい体は、子宮や卵巣、脳などが、女性ホルモンを十分に分泌させ、そのホルモンに対して、しっかり反応し、おなかの中で赤ちゃんを育てやすい環境を作れる体のことです。

女性ホルモンの分泌は、自律神経、特に睡眠や休息、栄養の吸収、疲労回復などにかかわる副交感神経の働きに関係します。

子宮・卵巣・脳が、生理・卵胞期(低温期)・排卵・子宮内膜増殖(高温期)を正しく繰り返し、おなかの中に赤ちゃんを宿す準備をするには、副交感神経が円滑に働く必要があります。

過度の疲労、睡眠不足、強いストレス、飢餓状態(過度のダイエットなど)にあると交感神経が昂り、副交感神経はうまく働くなり、おなかの中に赤ちゃんを迎える準備をする脳・卵巣・子宮の機能が衰えてしまいます。

生理に伴う不快な症状の悪化、生理不順、場合によっては生理が止まってしまうこともあります。

生理を起こさせる、排卵させる、子宮内膜を厚くするなどホルモン療法による西洋医学の治療は、不妊治療はとても有効で、大切です。

しかし、日常的に、副交感神経の働きを高め、体をリラックスさせることで調子を整え、妊娠力を高める努力をすることも とても大切です。

良い睡眠、良い食事、適度な運動、強いストレスにさらされないなど、生活を整え、日常の養生に心がける必要があります。

繰り返しますが、不妊は病気ではありません。

しかし、今までよりも、元気で、良い状態にしなくては、妊娠力は高まりません。

もちろん 器質的、遺伝的、理由があれば、西洋医学の治療は不可欠です。

また、不妊の状態が続いているようであれば、特に問題がなくても、西洋医学の不妊治療を受ける必要はあると思います。

やはり、不妊治療の本質かつ大切なことは、体調を整えることと私は考えます。

鍼灸治療やアロマテラピー・よもぎ蒸しなどの治療は、体の冷えと疲労を取り、自律神経の働きを整えることで妊娠しやすい体を作るお手伝いをすることができます。

千葉市の鍼灸整骨うりずんでは、積聚治療という内臓の疲労をとる治療法を主軸に、瘀血吸圧法・よもぎ蒸し・アロマテラピーなどの冷えや疲労を取る治療を行い、妊娠力を高めるお手伝いをいたします。

千葉市で妊活・不妊でお悩みの方は、鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

2017/10/24

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面