コラム

HOME» コラム »坐骨神経痛

コラム

坐骨神経痛


坐骨神経痛とは、お尻から、太もも、ふくらはぎ、すねなどにおきる嫌な痛みのことです。

 

坐骨神経は、腰椎のあたりから始まる骨盤のお尻側から太もも、膝裏、ふくらはぎ、すね、足などの感覚に関連する神経です。

 

坐骨神経痛には、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

坐骨神経が、腰椎の椎間板周囲や脊髄の通り道である脊柱管、臀部の筋肉などで物理的に圧迫を受けることなどで痛みが起きるケースと特に原因がわからないにもかかわらず、坐骨神経の領域に痛みが出るケースです。

 

西洋医学では、実際の圧迫が起きている部分がはっきりしている際に、手術により神経を圧迫している部位を切除することで、神経周囲を除圧します。

 

除圧することで、圧迫のために痛んでしまった神経が、自力で回復するのを待ち、症状を改善させます。

 

しかし、よく、手術が成功したにもかかわらず痛みや痺れが取れないという方のお話を伺います。

 

これは、神経周囲の除圧はできているのに、回復力がないために、痛んだ神経が修復できない状況です。

 

多くの坐骨神経痛の治療には、手術は必要がないともいわれています。

 

実のところ、坐骨神経痛を感じていない多くの方にも椎間板ヘルニアという、神経を圧迫している状況が見つかることが良くあります。

 

また、この文章の前のほうにも書いたのですが、レントゲンなどをとっても原因が見つからないのに坐骨神経領域に痛みが出ているケースも多々あります。

 

この状況をかんがみるに、構造的に圧迫を受けていることが、必ずしも坐骨神経痛の一番の原因になっているわけではないということがわかります。

 

炎症や痛みは、その部分において、十分に血液が流れていないからそこに血液を流そうとしている反応です。

 

血液が足りないのかもしれないし、そこから血液がうまく流れないから、溜まってしまい新鮮な血液が届いてない状況かもしれません。

 

手術をして、血行不良の原因になっているものを取り除くことで、血流を改善し、神経を再生させ、症状を取る。

 

これは理にかなった良い方法です。

 

しかし、何らかの原因で全身の血行不良が起きている場合では、部分的に手術で構造の改善を図っても、神経の再生がうまくいかないことが間々おこり、「手術をしても治らないんだよね。」となってしまうのです。

 

もちろん、手術が功を奏し、歩けないほどの痛みが直ったというケースは、いくらでもあります。

 

症状がきつい場合は、整形外科に相談する必要は大いにあります。

 

しかし、その前に一度、全身の状況を改善する方法も試してみることも大切ではないかと考えています。

 

特に整形外科で、これは手術の必要はないといわれているにもかかわらず、症状がなかなか取れないような方には、鍼灸治療、アロマテラピー、運動療法、マッサージ、指圧、カイロプラティック、整体などをお勧めいたします。

 

当院でも坐骨神経痛をお持ちで、整形外科で手術を勧められて御来院された方に鍼灸、アロマテラピーをすることで症状が改善することはよくあります。

 

もし、あなたが、坐骨神経痛で手術を受けるまえに、もう一回きらずに治す方法を探したいとお考えでしたら、一度当院の治療を試していただきたいと考えています。

 

当院では、あなたのために全力を尽くして治療させていただきます。

2014/06/28

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面