コラム

HOME» コラム »初期肺癌の患者様を治療して

コラム

初期肺癌の患者様を治療して


鍼灸整骨うりずんには、初期の肺癌の患者様が来院しています。

 

私自身、鍼灸やアロマテラピー単独の治療で、癌を克服できる自信はありません。

 

しかし、専門医の西洋医学的バックアップがある上で、様々な不快な症状を軽減させることや、免疫力を上げることで、癌自体に対しての治療にも鍼灸、アロマテラピーは有効な補助になりうると考えています。

 

今回ご紹介する症例は、5月の中旬に初期の肺腺癌が見つかり、6月末に手術するといって御来院された患者様です。

 

最初は、右の胸に痛みを感じて、整形外科を受診したところ、肺に影が見つかり、千葉大病院で検査をしたところ初期の癌が見つかったそうです。

 

当院に御来院されたときには、精神的疲労も強く、首、肩、背中には強いこり感、右胸の違和感などがありました。

 

当院では、まず、お話を伺った後に脈、お腹などを確認させていただき、東洋医学的に病体を把握し、鍼灸、アロマテラピーの治療方針を決め、施術を行います。

 

全体的には、肺の疲労も見受けられたのですが、胃腸の疲れが一番強く出ていらっしゃる状況でした。

 

アロマオイルは、精神的な疲労を取り、胃腸の働きを高めるものを選びトリートメントをして、その後に鍼灸治療で、さらに胃腸の働きが高まるように治療を行いました。

 

首肩背中の痛みなどは、1回の治療で軽くなり、心の負担もだいぶ楽になったそうです。

 

その後も手術までの間6回ほど治療をされて、右胸の違和感もほぼなくなり、感覚的には、どこも悪くないような気がするとお言葉を戴きました。

 

右胸の違和感がなくなったことが、癌がなくなったことではないと思います。

 

しかし、鍼灸治療、アロマテラピーは、自律神経の働きを高め、免疫力を上げ、体に治ろうとする力を与えてくれます。

 

お体に感じる不調を少しでも緩和させ、癌治療の負担軽減のお手伝いができればと考えております。

 

今回ご紹介させていただいた患者様におかれましては、手術が成功し、病気を克服して、また元気に生活が送れるようになることを心からお祈りいたしております。

2014/06/21

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面