コラム

HOME» コラム »春は、生理の時や生理前の不快な症状が出やすい時期です。

コラム

春は、生理の時や生理前の不快な症状が出やすい時期です。

千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマ・ヨモギ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

近頃、急に暖かくなったり寒くなったり、寒暖の差が激しいですね。

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春らしい暖かい日も出てきました。

寒暖の差は、体調を崩す原因になりますので、注意が必要です。

春は寒暖の差が大きくなる季節であると同時に生活環境に変化が生じやすい時期です。

あと少しで新年度になり、4月からは新しい環境で生活が始まるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

新しい環境での生活は、精神が高揚し、生活に張りを感じるものです。

しかし、新しいことに対応するために心と体が疲れてくることもあります。

そもそも春は、自律神経の乱れが起きやすい時期です。

そのため、春には、自律神経の影響を受けやすい生理痛やPMS(月経前症候群)など女性特有の症状は、強くなりがちです。

今回は、東洋医学的に自律神経が乱れやすいこの季節に、体はどのように反応するかということについて、考えてみたいと思います。

【春は肝臓が働く季節】

東洋医学では、それぞれの季節に働きが強くなる臓腑があると考えます。

春は五臓の中で、肝臓が良く働く季節と考えられています。

「肝っ玉のすわった人」という言葉がありますね。

この時の「肝(キモ)」は、東洋医学におけるところの「肝臓」をあらわしています。

東洋医学的にみると肝臓が良く働く人の性質は、剛直でのびのびとしていると考えられ、「肝っ玉がすわった人」という言葉の気もという意味もわかりやすいのではないかと思います。

肝臓は、血液をため、全身の血液の流れをコントロールしている内臓と考えられていて、覚醒して活動しているときには、血液を全身の筋肉や脳へ送り、睡眠中は、血液を肝臓に戻して、全身と肝臓自体の疲労を取ります。

【春は肝臓が疲れやすい季節】

春は肝臓の働きが強くなる分、負担がかかる時期でもあります。

「春眠暁を覚えず」と言いますが、肝臓が一生懸命働く分、しっかり休む必要もあるため、春は眠くなりやすい季節と考えることができます。

春は、肝臓の働きが良い人には、とても過ごしやすい季節といえます。

しかし、肝臓があまり強くない方には、肝臓の疲れが出やすく、ウツウツ・イライラなど精神症状がでたり、血液を動かす必要がある生理前や生理中は、PMS(月経前症候群)・生理痛などの症状が強くなる傾向にあります。

立春を過ぎ、少しずつ春らしさが出てきた近頃では、鍼灸整骨うりずんにご来院される患者様のお体を診察させていただいてもやはり、肝蔵の疲れが強くなっている方が、増えていると感じています。

【肝臓の疲れを取るには?】

肝臓の疲労を取るには、やはり睡眠をよくとり、ストレスを上手に解消することが大切です。

また、ストレスが日常の中にあるとすれば、できるだけストレスのもとと良い距離を保ち、ストレスに対してのコーピング術を見つける必要があると思います。

あとは、春の穏やかな気候をイメージするような穏やかな生活を送ること春らしいのびのびとした軽めの運動をするといったことも有効です。

鍼灸整骨うりずんでは、お体の状況を東洋医学的にどこの内臓の疲労が原因で症状が起きているかを把握し、鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しなどの施術により、内臓の回復力を高めることで、健康状態に体が戻るお手伝いをさせていただきます。

立春を過ぎ、イライラ・ウツウツ・PMS(月経前症候群)・生理痛などの症状が強くなったと感じる方は、ぜひ、鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

2017/02/16

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面