コラム

HOME» コラム »妊活中の冷え対策 2 子宮・卵巣の冷えが、不妊症につながるわけ

コラム

妊活中の冷え対策 2 子宮・卵巣の冷えが、不妊症につながるわけ

千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

シリーズで妊活中・不妊治療中の冷え対策ということでお話ししています。

前回は、月経にまつわる症状が出るのは、子宮・卵巣自体というよりも、大切な五臓六腑に冷えや疲労があるために起きているというお話をしました。

子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮筋腫など不妊に影響を与える病気は、骨盤内の血行不良や月経にまつわる症状が引き金になりえますので、体の冷えや疲労を侮ってはいけません。

子宮と卵巣は、毎月、排卵と赤ちゃんをおなかの中で育てるベッドとなる子宮内膜を子宮の中に敷く、受精卵の着床がなければ、新しいベッドを用意するためにそれをはがし、絞り出すという作業を繰り返しています。

【体が冷えているときの子宮の反応】

生理の際には、子宮はより多くの血液を必要とします。

子宮内膜からは、血液を集めて子宮を収縮させる「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。 

しかし、「プロスタグランジン」という分泌物には、血液を集めて子宮を収縮させる働きと同時に痛みを起こす働きがあります。(関連記事 うりずんでは、体の冷えを取り、生理痛改善のお手伝いをさせていただきます。』

五臓六腑が不調で血液を優先的に集めていると 子宮・卵巣では血液不足が起こります。

生理の際には、子宮は、子宮内膜からプロスタグランジンを多量に分泌し、血液を集めようとします。

しかし、プロスタグランジンの多量分泌は、もちろん生理痛を重くしますし、かえって子宮の血行不良や子宮内膜の腹腔内への逆流を引き起こすこともあります。

血行不良や子宮内膜の腹腔内への逆流は、子宮筋腫や子宮内膜症・子宮腺筋症など不妊の原因となる病気の原因になると考えられています。

 

【体が冷えているときの卵巣の反応】

全身に影響する女性ホルモンは、卵巣から分泌されています。

女性ホルモンは、排卵後、生理前、生理中、生理後の月経周期それぞれの過程で分泌量が変化します。

女性ホルモンの分泌は自律神経に影響を与えます。

五臓六腑に不調がなく、女性ホルモンの変化に対応するゆとりが体にあれば、排卵後や生理前などに若干の変化を体や心に感じても、特に問題は、起こりません。

しかし五臓六腑に疲労や冷えがあり、女性ホルモンの変化に過敏に反応すると、排卵、生理前、生理中、生理後などで、頭痛、首肩の凝り、胸の張り、むくみなど 様々な自律神経症状が現れます。

【体を冷やす外的要因・内的要因】

冷たいものの飲食や薄着は、もちろん体を冷やすことになります。

外からの冷えは、冷えを嫌う五臓六腑に血液を集中させ、子宮や卵巣を含む末梢への血行を阻害します。

また、過労や睡眠不足、長期にわたる精神的ストレスなどは、自律神経は乱れ、体が熱を作りにくなりますので、体の内側から起こる冷えを生みます。

温かい飲み物や食べ物・服装を選び外的な冷えを避け、十分な休息を取り、過労を避け、生活環境や人間関係を改善し、内的な冷えを生まないことが、全身の状態をよくするうえでとても大切です。

妊娠するということは、温かさと栄養にあふれた血液を直接母体から胎児に与え、温かい羊水で胎児をくるみ、赤ちゃんにとってのすべての世界を作ることです。

それは、子宮だけのことではなく、お母さんの心と体、全ての健康が大切になります。

自分の温かさが、赤ちゃんの世界の温かさになり、自分の健康状態が、赤ちゃんの世界の環境のすべてになるわけです。

妊娠してから出産するまで温かさを赤ちゃんに与え続けるには、やはり体は温かく、元気でなくてはいけません。

自分の生活環境を変化させ、自分の体質を変える、これには時間もかかりますし、すぐに大きな変化を生むことはたやすくないでしょう。

しかし、冷たいものの飲食を避ける、必要以上の薄着は避ける、内臓の疲労を回復するために良い食事・良い休息をとる、可能な限り人間関係や生活環境をよくするといったことを1つ1つクリアしていかなくてはなりません。

妊活中の不妊治療中の冷え対策のプロローグはここで終わりにします。

次回からは、実際に服装などのアドバイスをさせていただこうと思います。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピー・よもぎ蒸しは、体の冷えを取り、体が温まろうとする力を賦活化する最適な医療です。

妊活中で体の冷えが気になる方は、ぜひ鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

2016/12/24

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面