コラム

HOME» コラム »関節の痛みと女性ホルモン

コラム

関節の痛みと女性ホルモン

              

千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

40歳ごろから50歳ごろにかけて、急に増えてくる四十肩・五十肩・腱鞘炎・ひざ痛など、関節周囲の痛みがあります。

これらの症状は、実は男性よりも女性に多いと言われているのですが、みなさんは、この時期に起こる女性の関節周囲の症状が、女性ホルモンの分泌低下が影響しているということをご存知ですか?

「四十肩・五十肩・腱鞘炎・ひざ痛が、女性ホルモンの分泌低下による症状?」

「関節の周りのスジや軟骨が炎症起こして痛んでるでしょ?そんなの関係ないでしょ。」

「使い過ぎでなったのよね。」という方もいらっしゃるはずです。

もちろん使い過ぎの症状ということもあります。

しかし、多くの場合、普段通りの動きをしていて、急に痛みが出始めたとか、何がきっかけかわからないけどいたみだした、ということが多いようです。

以前と比べて、体の使い方が変わったわけでも、仕事量が急に増えたわけでもないのに、40歳50歳ごろに、関節周囲の症状が、急に増えるのは不思議ですよね。

実は、女性ホルモンのエストロゲンには、腱や筋肉、血管などを柔らかくして、張りを持たせ、組織を若く保つ働きがあります。

40歳50歳ごろから、筋肉や関節、腱は、急に固くなり、炎症や疼痛が起こりやすくなるのですが、その原因が、体を柔らかく、若く保ってきた女性ホルモンの分泌が減ったためと考えると納得がいくと思うのですが、いかがでしょうか?

エストロゲンは、20代後半から徐々に分泌が落ち始め、30代後半からは分泌の減少による症状が見え始めます。

顔のしわやほほのたるみ、肌理が粗さ、全身のたるみなど、30歳くらいになって、少し変わってきたなと感じるのは、女性ホルモンの分泌低下が原因の一つです。

また、人によっては、30代後半ごろから肩関節周囲の痛みや腱鞘炎などの症状が、出る方もいます。

40歳ころになると、エストロゲンの分泌低下は著しくなり、月経の状態が以前とは変化し始めることがあります。

疲労や冷え、のぼせ、頭痛、イライラなど、更年期でもないのに更年期障害様の症状が出たり、四十肩や腱鞘炎、変形性関節症など、関節周囲の症状が出る方も増えてきます。

40代後半から50代前半の間にほとんどの方が閉経します。

閉経前後5年間を更年期といいますが、そのころになると五十肩、腱鞘炎、変形性関節症などの症状に悩む方は、さらに多くなります。

また、冷え、ホットフラッシュ、睡眠不良、便秘、イライラ、倦怠感 首肩の凝り、腰痛、頭痛、月経不順、不正出血など、様々な自律神経症状と月経にまつわる症状が合わさった、更年期障害の症状を抱える方が増えます。

 

エストロゲンの分泌低下は、40代50代で起こる症状に影響を与えています。

また、エストロゲンの分泌低下は誰にでも訪れる体の変化で、正直言って、防ぎようがありません。

しかし、全ての40代50代の女性が、更年期障害や肩関節周囲炎 (四十肩五十肩)や 腱鞘炎、変形性関節症に悩まされるわけではありません。

つまり、40歳50歳ころの症状は、確かに女性ホルモンの分泌低下の影響を受けていますが、それだけが、原因というわけでもないのです。

これから何回かのシリーズに分けて、 40代から 50代にかけて起こる関節周囲の痛みの症状の原因と対策についてお話ししたいと考えています。

鍼灸治療・メディカルアロマ・よもぎ蒸しなど、鍼灸整骨うりずんの施術は、女性ホルモンの低下により起こる、更年期・プレ更年期の症状に対し、気・血・水・五臓のバランスをとることで対応し、症状を改善するお手伝いをさせていただいております。

次回は、エストロゲン分泌の低下は誰にでも来るにもかかわらず、症状が出る人と出ない人の違いについてお話ししたいと思います。

2016/11/11

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面