コラム

HOME» コラム »寒さが気になる季節になってきました。

コラム

寒さが気になる季節になってきました。

  

千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

近頃寒い日が増えてきました。

多くの方が冷え症に悩まされる季節が始まりました。

冷え症は、特に女性に多い症状といえます。

女性の体は、皮下脂肪が厚く、冷えるとなかなか外から温めにくく、熱を作る筋肉の量が男性に比べて少ないために内からも温まりにくいため、男性よりも冷え症が多いと考えられます。

冷え症の方は、気温が下がるこれからの季節は、要注意です。

気温が下がる秋は、冷え症が悪化しやすく、さらには、首肩のこり、頭痛、腰痛、こむら返りなどの血行不良にかかわる症状も合わせて悪化しやすいといえます。

とくに、月経不順や更年期障害など、女性ホルモンの分泌低下によっておこる症状をお持ちの方は、要注意です。

女性ホルモンには、血管をやわらかくする働きがあり、女性ホルモンの分泌低下は、血行不良を助長する可能性があるからです。

女性ホルモンは、骨盤内の卵巣から分泌されます。

気温の低下により、全身の血行不良が強くなれば、もちろん骨盤内の血行不良も起こります。

すると、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが落ちることも考えられます。

 

が冷えると骨盤内の血行不良も起きる。

          ↓

卵巣からの血管をやわらかくする女性ホルモンの分泌が低下する。

          ↓

血行不良が強くなり、体はさらに冷え、全身の様々な症状は悪化。

          ↓

       最初に戻る。

 

そういった悪循環に陥ることもあり得るのです。

また、生理痛や月経前症候群(PMS)など、骨盤内の血行不良により起こる症状をお持ちの方も症状が強くなりやすい季節といえます。

現代では、電気製品が普及し、体が温まるはずの夏にクーラーの効いた部屋で、冷たいものを飲んだり食べたりします。

秋・冬は、暑くないにも関わらず、飲み物や食べ物をを冷蔵庫から出して摂る方も多くいます。

また、自動車やインターネットの普及で、目的地まで歩いて移動しなくても買い物や仕事ができ、体を動かし温める機会も少なくなってしまいました。

「冷えは万病の本」、特に月経不順・月経困難症・PMS(月経前症候群)・不妊症・更年期障害などの婦人科系の症状に悩まされている方には、大敵です。

日常的に体を温める食べ物や飲み物をとり、近い距離ならば歩く、エレベーター・エスカレーターを使わずに階段を上り下りする、毎日適度な運動をするなどの小さな積み重ねが、体の冷えを取り、温かい体をつくります。

また、スカートなどはなるべく避け、できるだけ股上の高いパンツをはくことや足首が隠れる長さ、できればハイソックスなどの靴下をはくなど、おなかから下を冷やさない服装を選ぶということも大切です。

腹巻なんかもとてもおすすめです。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピー・よもぎ蒸しは、体の冷えを取り、体が温まろうとする力を賦活化する最適な医療です。

体の冷えが気になる方は、ぜひ鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

 

2016/10/28

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面