うりずんからのお知らせ 

HOME» うりずんからのお知らせ  »新着コラム 子宮内膜症のお話し 2 西洋医学の治療

うりずんからのお知らせ 

新着コラム 子宮内膜症のお話し 2 西洋医学の治療

千葉市 中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの 鍼灸整骨うりずんです。

今回ご紹介する新着コラムは、シリーズでお話ししている「子宮内膜症のお話」の第2弾 子宮内膜症の西洋医学的な治療についてです。

生理のある女性の10人に1人にあるといわれる「子宮内膜症」。

強い生理痛があり、症状が悪化することで、不妊症などにもなりかねない、放置してはいけない病気といえ、3から6か月前の生理痛よりももし症状が強くなっているようでしたら、婦人科を受診することをお勧めします。

今回のコラムでは、西洋医学では、どのような治療をするかについて、お話ししています。

ご覧ください。

子宮内膜症のお話し 2 西洋医学の治療

口コミ情報は、こちらからどうぞ

2016/09/12

うりずんからのお知らせ 

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

コラム

 

管理画面