コラム

HOME» コラム »子宮内膜症のお話し 1 子宮内膜症ってどんな病気?

コラム

子宮内膜症のお話し 1 子宮内膜症ってどんな病気?

千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸院 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

これから「子宮内膜症」について、何回かに分けてお話ししたいと思います。

子宮内膜症は、月経のある女性の10人に1人(5~10%)にあるといわれている生理痛を伴う病気です。

本来、子宮の内側にあるべき子宮内膜が、何らかの原因で、卵巣や消化器を包んでいる腹膜、子宮と直腸の間などにできてしまう病気です。

その子宮内膜が、生理のときに子宮の内側でも外側でも出血するために腹膜を刺激して、シクシクとした痛みが出ます。

子宮内膜症の原因は、現在のところはっきりと分かっていないのですが、生まれつき子宮内膜症になる要因があるという説や、本来膣を通って外へ排出されるべき子宮内膜を含む月経血が逆流し、腹腔内で増殖するために起こるという説があります。

また、リンパ液や血流にのって、子宮から、卵巣や、肺、大腸などに運ばれるとも考えられています。

これは、月経期に血痰がでたり、血便などが出るといった症状を説明することができます。

経周期が短く、月経期間が長い方に多い病気で、晩婚化による妊娠年齢の上昇・少子化のため、妊娠による月経停止期の高齢化や短縮化が、子宮内膜症に悩まされる女性の増加に関係していると考えられています。

子宮内膜症に伴う生理痛は、生理を重ねるごとに症状が悪化していく傾向にあります。

3ヶ月から6ヶ月前の生理に比べて痛みが強くなっているようであれば、子宮内膜症を疑う必要があります。

子宮内膜症では、進行すると起き上がれないほどの生理痛や貧血、立ちくらみなどの症状が出ることがあります。

また、女性の下腹部には、子宮・卵巣・直腸・大腸・膀胱・膣など様々な臓器が隣接しているため生理の出血が、他臓器との癒着を引き起こし、不妊症・頻尿・便秘・下痢・排便痛・性交痛などの症状を出すこともあります。

子宮内膜症が疑われるような症状があれば、ぜひ一度、婦人科を受診することをお勧めいたします。

次回は、西洋医学的な子宮内膜症の治療についてお話しします。

2016/08/23

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面