コラム

HOME» コラム »妊活中の食生活 さかな? 肉?

コラム

妊活中の食生活 さかな? 肉?

         

千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマ・ヨモギ蒸しの鍼灸整骨うりずんです。

妊活中の食生活ということで、前々回は、「イソフラボンの摂りすぎに注意です。」前回は、「甘いものの摂りすぎはいけません。」というお話をしました。

妊活、不妊治療をやっている方では、食生活に気を使っている方が多いと思いますが、もしかしたら、勘違いをしていることもあるかもしれないということで、はじめたシリーズです。

今回は、「お肉を避けて魚ばかり食べるようにしている方がいらっしゃるとすれば、それはよくありません」というお話をいたします。

なんとなく、「肉」というと中性脂肪やコレステロールを高くして、どろどろ血液を作り、肥満のもとになるなど、不健康なイメージがないでしょうか?

確かに、多くの日本人が好きな脂身のきいたお肉を習慣的に食べ続ければ、メタボリックシンドロームなど生活習慣病になるリスクは高まりますし、太ってしまうと子宮や卵巣が圧迫され、妊娠しにくい体になる可能性があります。

一方魚、特に青魚には、DHAやEPAといった血液をさらさらにする、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる、動脈硬化・高血圧・脂肪肝などを予防するといった働きのある「オメガ3不飽和脂肪酸」が多く含まれていて、とても健康的なイメージがあります。

しかし、お魚は、体に良くて、お肉が体に悪いと思いこみ、お肉を食べないようにすると、妊娠しにくい体を作っているかもしれません。

赤身肉やレバーには、「ヘム鉄」という体に取り込みやすい鉄分が魚に比べ多く含まれ、お肉を食べないでいると、鉄欠乏性貧血になる可能性があるからです。

男性に比べ、肉をたくさん食べない女性が多いうえ、およそ月に一度生理の際には、鉄分を含む血液を外に捨てていて、いつでも、貧血になりやすい状態です。

血液中の鉄は、酸素の運搬・筋肉の収縮・エネルギー産生・神経伝達・コラーゲン産生など様々な生命活動にかかわり、鉄欠乏性貧血になれば、冷え症、肩コリ、めまい、慢性疲労、筋肉のけいれん、口内炎・シミ・肌荒れ・抜け毛などを招く恐れがあります。

また、鉄欠乏性貧血になると卵子の生育が悪くなり、月経不順・不妊症の原因になることも分かっていて、実際に、不妊治療を受けている女性の多くに、鉄欠乏性貧血が見られます。

妊娠したのちも、お腹の赤ちゃんを育てるために、鉄はとても大切な栄養素で、鉄欠乏性貧血の母体では、胎児の成長が悪く、低体重児や未熟児が産まれやすいので、貧血を予防することはとても大切です。

ほうれん草や小松菜などの葉野菜にも鉄分は、多く含まれますが、野菜の鉄分は「非ヘム鉄」といって、お肉に含まれる「ヘム鉄」に比べると体にとりこみにくいといえます。

「ヘム鉄」の含有量をお肉とお魚で比較すると 肉のほうが多く、妊活中に健康のために、動物性たんぱく質は、お魚のみにして、お肉を食べないようにしているとすれば、貧血になる危険性を高めている可能性があるのです。

ちなみに、魚介類では、アサリに多くのヘム鉄が含まれているので、アサリの料理たべるのも有効です。 

お肉やお魚 貝などに含まれるヘム鉄の量を紹介します。   

豚レバー   60g 7.8mg
鶏レバー 60g 5.4mg
牛レバー 60g 2.4mg
牛もも肉 80g 2.2mg
牛ひれ肉 80g 2.0mg
アサリ(水煮) 30g 11.3mg
キハダマグロ 80g 1.6mg
カツオ 80g 1.5mg
マイワシ 80g 1.4mg
カキ(むき身) 60g 1.1mg
しじみ(からつき) 80g 1.1mg
ヒジキ 5g 2.8mg
豆乳コップ1杯 200ml 2.4mg
鶏卵 1個 1.1mg

(参考 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由)

誤解の無いようにつけくわえますと、鉄分を採るために肉ばかり食べたほうが良いとか、アサリやひじき、豆乳ばかり摂ることを勧めているというわけではありません。

結局のところは、お肉もお魚もお野菜も海草も貝も、とにかくバランスよく召し上がることが、妊娠しやすい体を作ることにつながります。

あと、妊娠しやすい体を作る食生活の上で、大切なことは、冷たいものの飲食を避け、体を冷やさないようにすることです。

妊娠しやすい体を作るということは、温かい血液を子宮や卵巣に十分送れるからだを作ることといっても過言ではありません。

これから暖かい日が増えてきますが、アイスクリームやビール、冷たいお茶などのとりすぎには、くれぐれもお気をつけください。

鍼灸整骨うりずんでは、妊活・不妊症の治療に、鍼灸とメディカルアロマ・ヨモギ蒸しなどの薬草療法を組み合わせた独自の治療法で臨み、妊娠が成立し、多くのお喜びの声を頂いております。

妊活・不妊症治療にのぞまれる方がいらっしゃいましたら、是非一度当院にご相談ください。

精一杯、お手伝いさせていただきます。

2016/04/21

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面