コラム

HOME» コラム »頭痛の原因と予防策 五 長時間のデスクワーク 六 天気の変化

コラム

頭痛の原因と予防策 五 長時間のデスクワーク 六 天気の変化


千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸・メディカルアロマテラピー・ヨモギ蒸し 治療院 鍼灸整骨うりずんです。

「春は頭痛や首肩のコリが出やすい季節です。」というテーマでお話をしてから、頭痛の原因になりうることと、生活の中での対処法についてお話しています。

前回までは、頭痛の原因 その壱 ストレス その弐 睡眠不良 その参 女性のホルモンバランス その四 無理なダイエット についてのお話をしました。

今回は、その五として 長時間のデスクワーク その六として 天気の変化 についてお話したいと思います。

 

長時間のデスクワーク

長時間同じ姿勢で、パソコンを打つ、書類を書くといった仕事をしていると首肩や肩甲骨周りの筋肉は、いつも一定の緊張状態を保たなくてはいけません。

人間の筋肉は、毛細血管の塊です。

毛細血管が、スポンジのように張り巡らされていて、その血管のスポンジが縮んだり伸びたりすることで、血液の流れが起き、筋肉の中にできた疲労物質は流れます。

長時間同じ姿勢でいるということは、筋肉に疲労物質がたまり、首肩のコリの原因になります。

上部の頚椎からは、大後頭神経という後頭部の頭痛に関連する神経が出ていて、首の筋肉の緊張が、後頭部の重い痛みを引き起こします。

やはり、仕事中でも、一時間に一回程度は、立ち上がり、首肩をまわすなどの運動をして、滞った血流をめぐらせる必要があります。

また、デスクワークをする際、背中が丸まっているような方は、首や肩の後ろ側についている筋肉がいつでも体の前側に引っ張られている状態になり、緊張を起こしやすく、首肩のコリからの頭痛がおきやすくなります。

なるべく胸を張って、背筋を伸ばしよい姿勢で仕事をするように意識をすると良いでしょう。

 

天気の変化

天候の変化で頭痛が起きるという方も多くいらっしゃいます。

人間の体は、空気にいつも包まれていますので、気圧の変化にとても敏感です。

天気が悪くなる前に気圧が低下すると、全身を覆っている空気のサポーターが弱くなり、体が膨張しやすくなるわけです。

そのようなときに血管も不安定になり、血管由来の片頭痛などは、おきやすくなります。

体が元気な方は、気圧の変化に、体がいちいち反応せず、さほど問題は感じません。

しかし、不摂生な生活を送っていたり、強いストレスを継続的に受けていたり、虚弱体質で元気が不足しているかたでは、自律神経が乱れやすく、気圧の低下に対して体が反応し、頭痛がおきてしまうのです。

やはり、日常生活を整え、体調の管理をすることが必要になります。

睡眠をしっかりとること、肉体的・精神的なストレスがあれば、可能な範囲でストレスのもとからはなれること、水分特に冷たいものを取らないようにすること、タバコ、アルコール、カフェインを摂り過ぎないようにすることなどに、注意を払いましょう。

 

千葉市中央区婦人科疾患特化型治療院 鍼灸整骨うりずんでの 鍼灸・メディカルアロマテラピー・ヨモギ蒸しは、自律神経の働きを調え、冷えを取り体の元気を取り戻すことで、様々な体の不調を改善するのに有効な治療法です。

また、当院独自の骨盤と背骨の矯正により、姿勢を改善し、頭痛の軽減を期待することが出来ます。

春になり頭痛にお悩みの方は、鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

2016/03/31

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面