コラム

HOME» コラム »うりずんのヨモギ蒸し浴剤に入っている薬草 その1 ヨモギ 艾葉 艾 

コラム

うりずんのヨモギ蒸し浴剤に入っている薬草 その1 ヨモギ 艾葉 艾 


千葉市中央区婦人科疾患特化型 鍼灸・メディカルアロマ・ヨモギ蒸し治療院 鍼灸整骨うりずんです。

今回から、鍼灸整骨うりずんのヨモギ蒸しで使っている薬草を一つ一つ解説していこうかと考えています。

その第1回は、ヨモギ蒸しの浴剤のベースになっている「ヨモギ(艾葉)」についてです。

ヨモギは、とても役に立つ植物です。

「ハーブの女王」とも言われるヨモギは、飲んで良し、食べて良し、付けて良し、浸かって良し、嗅いで良し、燃やして良しの薬草です。

私たちの食生活の中では、やはり草団子、あれは、お団子にヨモギを混ぜていて、とても良い香りです。

健康長寿の料理が有名な沖縄では、炊き込みご飯に入れたり、ヤギ汁に入れたりいろいろな料理に入れられ、食べられていますし、泡盛につけて、健康酒としてヨモギ酒を飲むこともあるようです。

お灸のもぐさは ヨモギの葉の裏の毛を精製して作られます。

更年期障害や不正子宮出血など様々な出血、貧血などに使われる漢方薬にも含まれています。

お風呂やヨモギ蒸しの浴剤、また外用薬として使えば、にきび・アトピー・あかぎれ・切り傷などの皮膚疾患にも有効です。

ヨモギの精油成分には精神安定効果や安眠効果があります。

食物繊維は、ホウレンソウの約10倍、体の中で、ダイオキシンや残留農薬、有害金属などを取り除いてくれる働きがあるといわれ、ヨモギという言葉には、「病を艾(止)める」という意味があるそうです。(出典 よもぎ研究所HP)

ヨモギの使い方には、

【飲む・食べる】

・発ガン防止

・血液サラサラ、コレステロールを低下

・血圧コントロール

・腸をデトックス

・ダイエット効果

・貧血の改善

・胃腸強化

・口臭・体臭予防

・喘息

・抗酸化作用

【付ける】

・切り傷や炎症の殺菌作用

・アトピー改善

【浸かる 蒸気を浴びる】

・冷え症改善

・美肌効果

・ホルモンバランス改善

・にきび、あせも改善

・アトピー改善

・抗酸化作用

【香る】

・精神安定、ストレス解消

・安眠作用

などがあるといわれています。

 

東洋医学的にヨモギは、

体の中の冷えや湿気をとる。

内臓へ続くツボの流れである経絡を温め内臓の働きを整える

出血を止める

子宮内の環境を安定させ、妊娠中のお腹を整える。

血行促進をするなどの効果があるといわれています。

 

冷えることによって起こる腹痛、生理痛、下痢、便秘、痔、冷え症、月経不順、不正子宮出血、おりもの、流産の予防、後産の早期回復、アトピーなどの皮膚疾患など様々な血に関連する症状の治療に使われます。

生理痛、月経前症候群、更年期障害、不妊症、冷え症など、女性特有の症状は、やはり冷えによる血行不良が大きな原因のひとつといえます。

ヨモギの成分をたっぷり含んだ熱い蒸気を骨盤や全身に浴びるヨモギ蒸しは、女性特有の症状を取る上で効果的な治療法です。

千葉市中央区婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマテラピー・ヨモギ蒸しの鍼灸整骨うりずんのヨモギ蒸しで、体の冷えを取り、生理痛・月経前症候群・更年期障害・不妊症・冷え症など女性特有の症状を解決してみませんか?

ご相談お待ち致しております。

2016/03/18

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面