コラム

HOME» コラム »冬のつらい症状をうりずんで解消しませんか?

コラム

冬のつらい症状をうりずんで解消しませんか?


千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸・メディカルアロマ治療院 鍼灸整骨うりずんです。

西高東低の冬型の気圧配置です。

だいぶ、空気も冬らしくなり、油断すると体を冷やしてしまいます。

冬は、頭痛、首肩のコリ、腰痛、関節痛、しもやけなど、血行不良による症状も強くなりがちです。

今回は、血行不良による症状が、気温が下がると強くなる理由について、お話したいと思います。

 

人間の体には、恒常性があります。

恒常性とは、自律神経が司る体の内外の環境の変化に対し、いつでも体内環境を一定に保とうとする反応です。

血行がよく、体力があり、体温がある程度高く保てるようであれば、気温が低下しても、体内環境に大きな影響は出ません。

しかし過労・ストレス・冷たいものの過飲過食・薄着・睡眠不足など様々な原因で、体が冷えていると気温の低下により、体温を保つことが難しくなってしまいます。

温度が下がるということは、組織の機能が低下するということです。

体は、生命を維持する上で一番大切な内臓など体の中心部の温度を下げないよう、筋肉や皮膚表面、関節などの末梢の血流は落としてでも、内臓の血流を保とうとします。

生命を維持する上では、理にかなった話しです。

しかし、血流を落とされた筋肉や関節、皮膚表面の組織では、たまったものではありません。

血行不良になった組織では、血液を呼び込むために痛みや痒みなどを伴う炎症を起こし、血流を増やそうとするというわけです。

痛みや痒みの症状は、組織の血行不良を脳に教えているサインということです。

また、同時に「内臓に血を集めなくてはいけないほど、体が弱っていて、今の健康状態で寒さにさらされれば、病気になるかもしれないから、少し休みなさい」と脳に教えているサインでもあるのです。

寒さから内臓の機能を守るためには、もちろん冷たいものの飲食は避けなくてはいけません。

そして、暴飲暴食、過労、睡眠不足などは、慎むことが大切です。

 

これから、年末に向けて、仕事が忙しく、忘年会などで、暴飲暴食・寝不足が続くなどという方は、体のサインを見逃さないように気をつけてください。

 

千葉市中央区 鍼灸整骨うりずん鍼灸治療・アロマテラピー・温熱療法・瘀血治療・手技療法は、体の冷えを取り、血流を改善する効果が期待できます。

 

年末になり、首肩のコリ、頭痛、腰痛、疲労など様々な症状が強くなったという方がいらっしゃいましたら、鍼灸整骨うりずんに是非ご相談ください。

2015/11/30

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面