コラム

HOME» コラム »西洋医学的バックアップの大切さ

コラム

西洋医学的バックアップの大切さ


千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸・メディカルアロマ治療院 鍼灸整骨うりずんです。

西洋医学の治療をやめて 悪霊を払うことで病気を治す…。そんなことをいう祈祷師を親が信じて、Ⅰ型糖尿病に罹患した子供の治療を任せてしまったことで、子供が亡くなってしまったというニュースがありました。

病気に苦しんでいると、藁にもすがる気持ちになり、何にでも手を出しタクなるという気持ちは分かりますが、自称 祈祷師の男が西洋医学の治療をやめさせてしまい、それを両親が信じて、本当にやめてしまったのは、よくなかったです。

西洋医学の治療が万能であるとは思いませんが、西洋医学の診断と治療を軽んじては、絶対にいけません。

今回は、このような事件が起きてしまったことを受けて、西洋医学の診療を受けることの大切さについて、お話したいと思います。

今回の事件の背景には、、関係者の西洋医学的に無知であったことと、西洋医学的なバックアップがなかったということが挙げられると思います。

「西洋医学的バックアップ」少し聞きなれない言葉ですが、要するに、病院やクリニックなど、西洋医学の診断・治療を受けた、ないしは受けている上で、西洋医学以外の治療を受けられる環境のことです。

おそらく、この祈祷師が、西洋医学をまったく馬鹿にしていた空おきてしまったと思うのですが、人の健康に携わる人間として、あってはいけない事と考えます。

 

鍼灸整骨うりずんには、様々なレベルの症状を抱えた生理痛・生理不順・月経前症候群・不妊症・更年期障害などの女性特有のお悩みを抱えている患者様が多くご来院されます。

大半の方が 婦人科をすでに受診されて、症状をより良くするために鍼灸治療やメディカルアロマテラピーも受けてみたいという方ですが、症状が強いにもかかわらず、まだ一度も婦人科で診てもらっていない方もいらっしゃいます。

鍼灸整骨うりうずんでは、そのような方には、婦人科を受診していただくことを勧めています。

生理痛・生理不順・月経前症候群・更年期障害・不妊症などの症状を鍼灸・アロマテラピーなどで治療する上で、その症状が、卵巣や子宮・脳自体に何か病変がありおきている器質的なものなのか、自律神経・ホルモンバランスの乱れや冷え等により起きている機能的なものかを見極める必要があるからです。

慢性的な強い生理痛・生理不順・月経前症候群・更年期障害の諸症状・不妊症の場合、卵巣・子宮などに腫瘍や奇形などの器質的疾患があることがあり、鍼灸・アロマテラピーなどの治療が、西洋医学の治療を受けるタイミングを逃すことになっては、命にかかわることだってあります。

鍼灸整骨うりずんの鍼灸・メディカルアロマテラピーは西洋医学の治療を受けていても、治療を受ける上で問題はありません。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピーは、体が治る力をつける医療です。

病名診断がつき西洋医学の治療が必要な疾患であっても、鍼灸・メディカルアロマテラピーの施術を同時に受けることで、治癒を早めることが期待できます。

生理痛・生理不順・月経前症候群・更年期障害・不妊症などにお悩みの方は、西洋医学的バックアップがある上で、東洋医学の治療を受けることをお勧めいたします。

2015/11/27

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面