コラム

HOME» コラム »婦人科特有の嫌な症状は、ぽかぽか子宮で解消しましょう。

コラム

婦人科特有の嫌な症状は、ぽかぽか子宮で解消しましょう。


千葉市中央区 婦人科疾患特化型 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸し治療院 鍼灸整骨うりずんです。

月経痛やPMS、不妊症などにお悩みの方は、「温活」とか「子宮を温める」ということを一度は、耳にしたことがあるのでないでしょうか?

もちろん、冷たいものの飲食や薄着で直接体を冷やしてしまうことは良くありません。

だいぶ寒くなってきたので、そこのところは皆さん気をつけているとは思うのですが、もう1つぽかぽか子宮をつくる「温活」をする上で気をつけなくてはいけない大事なことがあります。

ぽかぽか子宮をつくる「温活」を阻む敵は、必ずしも寒さや冷たい食べ物や飲み物など外殻来るものだけではありません。

体を冷やす原因のもうひとつは何でしょうか?

 

それは、ストレスです。

何か緊張するようなことがあると手足や体が冷えてしまった経験が、皆様にも一度はあるのではないでしょうか?

これは、私たちが意識をしなくても生きるために必要な調節をしてくれている神経、自律神経の影響によって起こります。

体が強いストレスを受けると、自律神経が、循環器(心臓、腎臓)呼吸器(肺)消化器(肝臓、すい臓、胃、小腸など)など生きるために必要な内臓に、最優先で血液をめぐらせ、手足などの末端への血流を減少させ、冷えてしまうということです。

子宮や卵巣は、生殖器官です。

次世代に命をつなぐという意味では、とても大切な器官ですが、生理になれば血を捨てなくてはならないし、妊娠、出産には、多大なエネルギーが必要な上に、自分の命を守るには高いリスクを伴います。

そのため、心や体が強いストレスを受け、生命維持上、大切な器官に優先的に血液を送らなくてはならないときには、手足と同様に生殖器官である卵巣や子宮への血流も減らし、機能を落とすというわけです。

時間が不規則な職場で働いている方や、生活の中で強いストレスを受けた方の、生理がとまってしまうという話は、脳が生命維持の危機を感じ、子宮や卵巣への血流を減らしているということなのです。

生理がとまらなかったとしても心や体に負担をかけた生活をしていれば、子宮や卵巣への血流は低下し、その機能は落ちてしまいます。

しかし、生理中は、血液をすてるために子宮を収縮させなくてはいけませんし、卵巣は女性ホルモンを放出し生殖機能を維持しなくてはいけません。

子宮を収縮させる物質は、発痛物質です。

機能を落としている子宮は発痛物質を大量に放出しなければ子宮は十分に収縮させることができず、生理痛は強くなります。

冷えて血行不良を起こしている卵巣も生理前や生理中、排卵時などホルモンンバランスが変わるときに、バランスが崩れやすく生理前・生理中・排卵時の嫌な症状が出やすくなります。

また、子宮や卵巣の機能が低下すれば、受精卵が着床しにくい、排卵がうまくいかないなど、不妊症の原因にもなるわけです。

 

生理痛、PMS、不妊症、更年期障害など婦人科特有の嫌な症状が、ストレスなどによる内からの冷えにあるということを、ご理解いただけたでしょうか?

ぽかぽか子宮を作る「温活」をする上で大切なのは、生活の養生と心の癒しで、体も心も温めるということです。

千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸整骨うりずんでは、心と体を温かくリラックス、ぽかぽか子宮を手に入れるお手伝いをするために、鍼灸治療・経絡温灸マッサージ・瘀血吸圧法・手技療法・メディカルアロマ・よもぎ蒸しなど、多彩な施術メニューをご用意いたしております。

温活中のあなたをお待ちいたしております。

2015/10/28

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面