コラム

HOME» コラム »夏の疲れと季節の変わり目の体調不良の改善は、鍼灸整骨うりずんでどうぞ。

コラム

夏の疲れと季節の変わり目の体調不良の改善は、鍼灸整骨うりずんでどうぞ。


近頃急激に涼しくなってきましたが、今年の夏は、異常な暑さでしたね。

夜でも、室内の温度が30℃を超えてしまうことが多く、クーラーや扇風機の風を浴びながら寝ていたなんていう方も多いのではないでしょうか?

確かに熱中症などの危険もあった暑い夏でしたが、本来であれば、体が温まらなくてはいけない夏に体を冷やしすぎてしまったという方も多いはず。

そこに急激な季節の変化ですから、体調を落としているかたもおおいのではないでしょうか?

鍼灸整骨うりずんの患者様でも、咳やくしゃみを伴う感冒症や胃腸の免疫力が落ちて起こる胃腸炎にかかっているような方も多いようです。

体が内から冷えている上に外気が急激に下がったわけです。

人間には、いつも体内の環境を一定にしようとする「ホメオスタシス(恒常性)」というものが備わっています。

体が冷えているときに周りが急に冷えてくると体は、何とか体内の環境を整えようとします。

外から入ってきたウイルスを外に出そうとするために、咳やくしゃみ等の呼吸器症状や、下痢や嘔吐などs消化器症状は起こります。

発熱も体温を上昇させ、体の免疫細胞を活性化して名体内に入ってきた敵を駆逐するために起こる生体反応です。

東洋医学では、「冷え」は万病の本といいます。

皆様ご存知のように、カゼは「風の邪」「風邪」と書きます。

「風の邪」は、冷え(寒邪)と結びつきやすく、体に侵入しやすいといわれています。

もちろん「感冒症(いわゆるカゼ)」や胃腸炎による「下痢」「便秘」などは、「風邪」・「寒邪」による影響であることはわかりやすいのですが、実は、「生理痛」「生理不順」「更年期障害などの自律神経症状」「こむら返り」「ぎっくり腰」「寝違え」などの症状も、「冷えの邪(寒邪)」と「風の邪(風邪)」が骨盤内・筋肉など体内に侵入することで、強くなると考えます。

冷たいものの飲食や夏の習慣でちょっと暑くなるとクーラーをかけてしまうようなことは避け、体を冷やさないよう心がけましょう。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピー・瘀血吸圧法など、鍼灸整骨うりずんで行っている治療法は、全身の血行を改善し体の冷えを取り温め、涼しくなっていく秋には最適な治療法です。

季節の変わり目に体調を崩してしまった方、近頃生理痛・更年期障害・PMSなどの女性特有の嫌な症状が強くなってきたと感じていらっしゃる方は、是非鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

2015/09/17

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面