女性の3割が鎮痛剤などに頼らなければ、日常生活に不具合がおきるほどの生理痛に悩まされているといわれています。 鍼灸整骨うりずんでは、鍼灸・メディカルアロマを融合させた独自の治療により、骨盤内・全身の冷えと血行不良を改善し、つらい生理痛から解放されるお手伝いいたします。 鍼灸整骨うりずんは、つらい生理痛を改善するお手伝いをします。
コラム

HOME» コラム »鍼灸整骨うりずんは、つらい生理痛を改善するお手伝いをします。

コラム

鍼灸整骨うりずんは、つらい生理痛を改善するお手伝いをします。


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

生理のときに、下腹部や腰に痛みが出たり、頭痛などが出る「生理痛」、つらいですよね。

約3割の女性が、生理の際には、鎮痛剤などを服用しなければ、日常生活を営むことが出来ないほどの痛みに悩まされているといわれています。

卵巣では、毎月、排卵が起きており、子宮では、受精卵が着床するためのベッドになる「子宮内膜」という壁が出来ています。

卵が、精子と合って受精卵にならなければ、女性の体は、いつでも新しい「子宮内膜」を次の受精卵のために作るため、子宮の壁から「子宮内膜」をベリベリとはがします。

そのときに出血し痛みが下腹部や腰に出てしまうのが生理痛です。

生理痛は、体が冷えていると強くなります。

特に、お腹や腰、お尻、足に冷えを感じているような方は、生理痛が強くなりがちです。

冷えている状態では、骨盤内の血行が悪くなり、経血をうまく外に出せなくなるからです。

経血を外に出すために子宮は、強く収縮しなくてはなりません。

このようなときに、経血を搾り出すために子宮収縮を促す「プロスタグランジン」という物質が多く分泌されるのですが、この「プロスタグランジン」は、子宮の収縮を促すだけではなく、生理痛を起こす発痛物質でもあり、お腹や腰などの痛みが強くなってしまいます。

薄着や冷たいもの飲食で、直接体を冷やすことは、もちろん避けなければいけません。

また、疲れや睡眠不足、精神的なストレスなどにより、体を温める機能を低下させてしまうことにより起こる体の内からの「冷え」にも要注意です。

体の内からの「冷え」を少なくするためには、内分泌系や自律神経系の働きを高め、全身の血流をあげることで体を温かく保つことが大切です。

自律神経系や内分泌系は、強いストレスや疲労、睡眠不足があると働きが乱れやすいため、体の内からの冷えにつながります。

冷たいものの飲食や薄着を避け、規則正しい生活、過剰な精神的・肉体的なストレスが可能な範囲でかからない生活を心がけてみましょう。

日常の中で、無理のない運動をするということも体を温め、生理痛を軽くする上で有効です。

春になり、朝がくるのが早くなってきました。

朝の運動は、精神的ストレスを軽くして、血行不良が起きている朝に血流を改善してくれます。

いつもより1時間早寝をして、朝に少しだけ軽い運動をする時間を作ると睡眠不足や疲労回復にも有効です。

生理痛改善のために、朝のウォーキングや体操などを習慣づけることをおすすめいたします。

しかし、日常の生活が忙しくて、朝の運動や早寝早起きがよいことは、分かってはいるけどなかなか難しいという方も多くいらっしゃると思います。

そのような方の中にも、止むを得ない時の鎮痛剤は仕方がないにしても、出来れば生理痛が出にくい体を作りたいと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方には、鍼灸治療やアロマテラピー、マッサージなどの治療法をおすすめいたします

鍼灸整骨うりずんの鍼灸治療・メディカルアロマテラピーは、骨盤内及び全身の血行を改善し、お体の冷えを取り、生理痛を軽減するお手伝いをさせていただきます。

お体の冷えが気になり、生理痛にお悩みの方は、千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

2015/03/23

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面