コラム

HOME» コラム »生理痛、PMS、更年期障害などにお悩みの方は、体を温めましょう。

コラム

生理痛、PMS、更年期障害などにお悩みの方は、体を温めましょう。


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマテラピーの鍼灸整骨うりずんです。

手足の冷えや、太もも、お尻の冷えに悩まされている方はが、多いのではないでしょうか?

一般的に女性の体は、男性に比べて、断熱材の役割をする皮下脂肪が厚く、熱を作る筋肉の量が少ないといえます。

皮下脂肪が厚く、筋肉量が少ない女性の体は、一度冷えると、なかなか温まりにくく、冷えを体に閉じ込めやすいといえます。

特に、子宮や卵巣のある骨盤部は、皮下脂肪が厚く、一度冷えるとなかなか温まりません。

冬になると、生理痛、PMS(月経前症候群)、更年期障害などの女性特有のお体の諸症状が、強くなりがちなのは、骨盤内が冷えてなかなか温まりにくい状況だからといえます。

冷えは、血行不良により起こります。

血液は、体のすみずみまで栄養と温かさを送り、体温を一定に保ち、代謝を促進する役目をしています。

よく、足やお尻が冷えないように靴下の重ね履きや温かい服装をしているのに、冷たさが取れないというお話を伺います。

服は、体温で温まった空気を逃がさないようにすることで、体を温めます。

服自体が温まるわけではないので、手足・太もも・お尻など、体が冷たければ、服を温まらず、重ね着をしてもなかなか体は、温まりません。

冷たいものに布を巻きつけても温かくならないのと同じような状況です。

骨盤部の冷えを放っておくと更なる血行不良が生まれ、卵巣や子宮の働きは落ち、PMS・更年期障害・生理痛などの症状は強くなる傾向にあります。

また、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症などの器質的な疾患をお持ちの方は、病状が進行する恐れもあります。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピーは、内臓のバランスを調えることで、冷えを取り、骨盤内及び全身の血行を改善し、生理痛・PMS・更年期障害などの症状を軽減する効果が期待できます。

また、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮線筋症などの器質的疾患に対しても、その進行を遅らせ、症状を軽くする可能性があります。

お体の冷えが気になり、女性特有の症状にお悩みの方は、千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

2015/02/18

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面