コラム

HOME» コラム »冬の養生 その4 冬の運動法の2 冬に始めてはいけない運動

コラム

冬の養生 その4 冬の運動法の2 冬に始めてはいけない運動


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

冬の運動法の2ということで、今回は、お勧めできない運動についてお話します。

冬の運動法の1でもお話しましたが、心を穏やかにして静かに潜み隠れるようにして、寒さを避け、温かさを保ち、汗をかくことを避けることが冬の養生と東洋医学では言われています。

習慣的にスポーツをしている方であれば、冬は、熱がこもりにくく、運動に適した時期ともいえます。

しかし、今まで運動をしていなかった方が、空気の冷たい冬に新たに激しいスポーツを始めると呼吸器・運動器に負担をかけます。

冬は体温を維持するだけでも体力が必要な時期ですから、疲労が蓄積しやすく、全身的な体調不良に陥ることも考えられます。

特に女性の場合、冬に無理をすると月経不順や更年期障害の悪化なども起こりやすくなります。

 

【冬に始めてはいけない運動 ジョギング】

よく、健康のために、冬になったからジョギングを始める方がいますが、これはとてもお勧めできません。

ジョギングは、暖かい季節から始め、呼吸器と筋肉を走ることにならしておかないと、風邪などの呼吸器疾患、こむら返り、ぎっくり腰などの運動器疾患になりやすくなります。

ジョギングは、温かい春から徐々に始めるべきです。

温かくなってから始めるジョギングのために、あまり汗をかかない程度のウォーキングなどをすることが、冬には適当です。

どうしてもジョギングをはじめたい方は、時間を選ぶ必要があります。

夜や日が上がる前の早朝は、空気が冷たいため、ジョギングをするには適した時間ではありません。

天気が良く、気温の高い休日の日中を選んで走るようにしましょう。

 

【冬に始めてはいけない運動 競技性のあるスポーツ】

今まで運動をしてこなかった方が、勝ち負けがある競技スポーツを冬に始めることは、控える必要があります。

今まで、運動をしてこなかった方の筋肉・腱・じん帯・骨格は、急激な運動の負荷に耐えられるしなやかさがありません。

しかし、勝ち負けがあるスポーツ競技は、どうしても勝負にこだわるため、能力以上のパフォーマンスをしようとしてしまいます。

筋肉への血流量が他の季節よりも低下する冬では、捻挫、挫傷、脱臼、骨折などのケガがおきやすくなっています。

また、習慣的にスポーツ競技を行っている方でも、準備体操と整理体操は他の季節よりも入念に行う必要があります。

運動をやる時間も出来るだけ、夜は避ける必要があります。

日中の温かい時間を選んでください。

冬はケガをしやすい時期です。

気をつけてスポーツをしてください。

 

【冬になってはじめてはいけない運動 水泳】

水泳も体を冷やしますので、お勧めできません。

この時期に健康のために水泳を始めるとかえって体調を崩す恐れがあります。

習慣的に水泳をしている方や泳ぐのが大好きな方に、水泳は体に悪いからやめて下さいとまでは言えませんが、水泳をするなら、なるべく日中の温かい時間を選ぶべきです。

また、体調が悪いときや冷え性が冬になってから悪くなっていると感じる方は、水泳を温かくなる5月くらいまで中断したほうが良いでしょう。

生理痛や生理不順、更年期障害などの婦人科系のお悩みをお持ちの方には、冬の水泳は特にお勧めできません。

ほとんどのスポーツジムに温水プールがあります。

しかし、温水プールといっても、水は体温より低い温度です。

長時間水に使っていれば、体は冷えてしまいます。

温水プールの室温も外気温に比べればかなり温かいですが、水の温度に比べると低く設定されていて、水から上がると冷えた体は、さらに冷えてしまいます。

水の中で運動すると発汗量も増え、かなりの体力消耗につながります。

もし水泳をするのであれば、長時間プールにつかるようなことは控え、プールから上がった後しっかりと体と髪の毛を乾かし、汗が引いてから建物から出るようにすることは忘れないでください。

 

冬は体が冷えやすく、風邪をひいたり、ケガをしやすい時期です。

運動をするのであれば、疲労が溜まるほどやらないこと、汗をかき過ぎないこと、日中の温かい時間を選ぶこと、水泳などの水の中で行う運動は控えるべきです。

冬は空気がきれいな時期でもありますから、のんびりと散歩などをするのも良いのではないでしょうか?

 

鍼灸整骨うりずんでは、鍼灸とアロマテラピーの施術で、体を温めながら、調子を整え、疲労を効率よく回復できる体作りをする治療をしています。

患者様は、治療で、体が温まり調子が整うと一様にホッコリとしたいい表情になります。

体の冷えが取れてくると、様々な体の不調は、改善していきます。

また、腰痛・肩コリ、筋違い、こむら返り、などの運動器疾患、風邪、喘息、慢性的な鼻炎などの呼吸器疾患、生理不順・生理痛・更年期障害・PMSなどの婦人科疾患の治療にも鍼灸・メディカルアロマテラピーは、とても効果的です。

冬に体調を崩された方は、千葉市中央区 鍼灸整骨うりずんにお任せください。

今までの冬の養生についての記事はこちらからどうぞ、

冬の養生 その1 寒さ対策  

冬の養生 その2 休息 睡眠 

冬の養生 その3 冬の入浴法の1 シャワー入浴をさけ、湯船につかりましょう  

冬の養生その3 冬の入浴法の2 お湯の温度はどれくらい?

冬の養生その3 冬の入浴法の3 入浴の時間

冬の養生その4 冬の運動法の1 『冬の運動は体調に合わせてやりましょう」

2015/01/19

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面