コラム

HOME» コラム »冬の養生 その2 休息 睡眠

コラム

冬の養生 その2 休息 睡眠


千葉市中央区 鍼灸・メディカルアロマ・よもぎ蒸しの鍼灸院 鍼灸整骨うりずんです。

今日は、冬の養生 その2ということで、睡眠・休息についてお話したいと思います。

冬は、日の入りが早く、日の出が遅くなり、日照時間が短くなります。

人間は、昼行性の動物で、太陽と同じようなリズムで生活することが健康を保つために大切です。

冬は、早く沈む太陽に合わせて、早く沈み、遅く昇る太陽に合わせて、ゆっくりとおきる早寝・遅起き生活をして、なるべく睡眠時間を長く取ると良いでしょう。

しかし、12月は、仕事やら忘年会などと何かと生活が忙しくなりやすい時期です。

消化器に負担をかけてしまうことや過労・睡眠不足など、何かと体力を消耗することが多く、体調を崩してしまいがちです。

人間の体は、いつも36.5度程度に体温が保たれている必要があります。

気温が下がれば、体温を保つだけで、他の季節よりも体力を消耗してしまいます。

一年を通してみると冬は、陽気を伏蔵し、春のために備える季節です。

伏蔵とは、静かに隠れているという意味ですが、人間以外の多くの動物は、冬になると冬眠したり、さなぎになったりして、静かに体力を温存し、春に命を謳歌する準備をします。

人間は冬眠することは出来ませんが、健康を保つために自然の摂理に合わせた生活のリズムを送る必要があります。

なるべく、体力を消耗しないよう、温かい家の中で隠れるように静かにして暮らすことが、理想的といえます。

しかし、電気製品が発明され、夜でも昼のように生活が出来るようになってしまい、人間は、季節に合わせた生活をすることが難しくなってしまいました。

電灯をつければ、いつでも本や雑誌、新聞を読むことが出来ます。

夜遅くなるまで、家計簿をつけたり、書類を書いたり、書き物をすることができます。

飲み屋やファミリーレストランは、朝まで煌々と明かりが灯り、朝まで飲食を楽しむことが出来ます。

テレビ番組は、朝まで途絶えることなく放映されています。

パソコンをつければ、24時間インターネットはつながっていて、情報を得ることが出来るし、仕事を家に持ち帰り、働くことも出来ます。

とても便利にはなりました。

しかし、便利になり、仕事や娯楽をいつでも、どこでも出来るようになったことで、かえって睡眠時間を削り、体に負担がかかる生活をしなくてはならなくなりました。

もちろん、生活を送る上で他人との付き合いは大切ですし、忙しい時期には、一生懸命働く必要があると

も思います。

しかし、健康を維持することが出来て初めて、質の良い生活といえると思いますので、やはり無理が続いて体を壊してしまっては、元も子もないのではないのでしょうか?

やらなくてはいけないことをこなしつつ、体を十分に休めるためには、可能な限り生活の中での無駄を省き睡眠時間を増やすことにあります。

例えば、夜に目的もなく、テレビやネットサーフィンに時間を費やしてしまうことは、避けたほうが良いですし、なるべく仕事も家には持ち帰らないようにすることで睡眠時間を確保することが出来ると思います。

夜の深酒も出来るだけ最低限にして、睡眠時間を確保する努力をする必要があるでしょう。

入浴に関しては、詳しいことは、後ほど違うコラムでお話しようと思っていますが、夕食前に済ます方が、寝る直前に入るより睡眠の質を上げることにつながります。

用事や仕事で、帰宅が遅くなってしまったときは、睡眠時間を削ってまで、入浴する必要はありません。

体の垢を毎日ゴシゴシこそげ落とすことは、かえって免疫力の低下を招き、風邪をひきやすくなるとも言われています。

睡眠のとり方は、早寝・遅起きが基本になりますが、どうしても夜から朝の時間に何かをしなくてはならない方は、可能な範囲で早寝をして、朝早く起きてやらなくてはいけないことを済ませるほうが良いと思います。

とにかく早い時間に布団に入り、ゆっくりと休むということが寒い冬にはとても大切になります。

現代の住宅は、気密性が高く、暖房もタイマー機能がついて便利になっていますから、早朝の寒い時間帯でも暖かい環境を作ることが出来ます。

家事だって、夜は、最低ラインの片付けだけして、残りは早朝にやることで早く寝ることは可能ですし、仕事も早朝のほうが、雑音は少なく、睡眠により頭の中が整理されますので、より良いアイデアが浮かぶかもしれません。

出来ることならば、夜の10時ごろまでには、寝付けるようにすると、体への負担は軽減します。

冬になり、体調を崩してしまった人は、まずは、体に負担がかからないよう可能な範囲で生活のリズムをゆっくりして、休息を取ること、質量ともに十分な睡眠を上手にとる工夫が必要です

しかし、生活が忙しく、冬に即した生活を送れず、十分に疲労回復が出来ない方は、鍼灸治療やアロマテラピーなどの施術を受けることをお勧めいたします。

鍼灸整骨うりずんでも、冬になり様々な症状が悪化して、ご来院される方が増えてきました。

当院の鍼灸とアロマテラピーの施術は、体を温めながら、調子を整え、疲労回復効果の高い治療です。

患者様は、治療で、体が温まり、調子が調うと一様にホッコリとしたいい表情になります。

睡眠の質が上がり、体の疲れが取れやすくなったと喜びの声をたくさん頂戴いたしております。

冬になり体の疲れが取れない、体調が悪化したというような方は、千葉市中央区 鍼灸・メディカルアロマ治療院 鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

冬の養生 その1 寒さ対策  

冬の養生 その2 休息 睡眠 

冬の養生 その3 冬の入浴法の1 シャワー入浴をさけ、湯船につかりましょう  

冬の養生 その3 冬の入浴法の2 お湯の温度はどれくらい?

冬の養生 その3 冬の入浴法の3 入浴の時間

冬の養生 その4 冬の運動法の1 『冬の運動は体調に合わせてやりましょう」

冬の養生 その4 冬の運動法の2 冬に始めてはいけない運動

冬の養生の5 冬にお勧めの運動法の1 呼吸法と運動の時間

2014/12/08

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面