コラム

HOME» コラム »冬の養生 その1 寒さ対策

コラム

冬の養生 その1 寒さ対策


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

真冬並みの寒波が日本の上空にあるようです。

今朝の千葉市は、本当に寒くなりました。

インフルエンザも全国的に流行が始まったようですし、まさに冬本番です。

冬は、すべての季節の中で一番病気になりやすい時期です。

冬には生活を送る上で気をつけないといけないことが満載です。

1回のコラムで私が思いつくことをすべて書くことは、難しいため、これから何回かに分けて鍼灸整骨うりずんホームページ上で、冬の養生についてお話していく予定です。

冬の養生の基本は、寒さを避けて、体を温め、十分に体を休めることにあります。

今回は、特に寒さ対策を中心にお話したいと思います。

冷えは、全身どこからでも体に入ってくるのですが、頭、背中、お腹、下半身は特に気をつけなくてはいけません。

服装や飲食などに関し、それぞれの部位の気をつけ方をお話させていただきます。

「頭」

頭は、熱をよく放散する部位です。

頭寒足熱といいますが、頭は、熱をこもらしてはいけない部位ではあります。

しかし、やはりこの時期は、直接冷えにさらすようなことは避けるべきです。

頭を直接冷やすと、頭痛や風邪、首肩コリ、ひどいときには、脳卒中や脳内出血などの脳血管障害が起きる可能性があります。

特に冷たい北風が吹く日に外に出かけるようなときは、帽子をかぶり、なるべく頭に風を直接さらさないことが大切です。

帽子をかぶるだけで、頭からの熱の放散を抑えられ、体感的にもかなり温かくなるはずです。

「背中」

背中には、上背部には、呼吸器・循環器、中背部には、消化器や肝蔵 下背部には、泌尿器や大腸などの内臓に関連する多くのツボがあります。

背中を冷やすと腰背部痛・首肩部痛などの筋肉の問題が起きやすくなることはもちろんですが、冷えにより背中の筋肉が硬くなると内臓に負担がかかり、呼吸器・循環器・消化器・泌尿器など様々な内臓の疾患が起きる可能性があります。

冷やしてはいけない部位ではありますが、あまりモコモコと重い服を着るとかえって背中の筋肉が凝ることもありますので、厚着をしすぎるのも考え物です。

千葉あたりの冬の寒さであれば、そんなに重ね着をしなくても乗り切れるのではないかと思います。

近頃は、温かい素材を使った軽い肌着やとても軽いダウンジャケットなども多くあります。

寒い場所に行くときなどは貼るカイロ等を背中に貼ることも有効です。

但しカイロは四六時中つけていると低温やけどの心配や自分で体が温まろうとする力を落としてしまいますので、日常的につけっぱなしにすることはおすすめできません。

お気をつけください。

せんねん灸など、市販のお灸を買ってきて、習慣的に背中にお灸をすえることは寒さに強い体を作る上でとても効果的です。

背中へお灸をすると熱の刺激が、体の免疫力を上げ、背中の筋肉の緊張をとり、内臓を温めます。

ツボは、背骨の中心から三本分ほど離れたところにある圧迫するとジーンと気持ちのよい場所を選ぶと良いと思います。

ご家族でお互いにお灸をすえあうなどをすると家族みんなで冬を元気に乗り切ることが出来ると思います。

是非お試しください。

「お腹」

お腹には、多くの内臓器官があります。

お腹の冷えは、毛糸のパンツ、腹巻、股上の深いパンツなどを使い冷えないようにすることはもちろん有効です。

しかし、お腹の場合は、外から冷やすことだけではなく冷たいものの飲食など、体の内側に冷やすことへの注意がとても大切です。

下痢や腹痛などの消化器症状が起きる可能性があることはもちろんですが、この時期の冷たいものの飲食は、直接消化器の周りの血液を冷やすことにつながりますので、体全体を冷やしてしまい、様々な内臓疾患や血管障害を引き起こす可能性があります。

特に女性は、お腹が冷えると生理痛・月経不順・月経前症候群・更年期障害などの女性特有の嫌な症状が強くなる傾向にあります。

これから、忘年会などでお酒を飲むことも多い時期になってくると思います。

普段から温かいものを飲むように心がけること、お酒の席では、なるべく温かいお酒を選ぶなどの工夫をして、お腹を冷やさないようにしてください。

冷たいものとは、体温より温度が低いことです。

水分補給の際は、人肌以上の温度の飲み物をとるようにしましょう。

「下半身」

下半身は、人間の筋肉の約60パーセントがあります。

筋肉は、ポンプですので、下半身を冷やすと冷えた血液が全身にめぐってしまいます。

この時期に脚をさらすような服装をすると免疫力が落ち、風邪をひきやすくなりますし、様々な内臓の障害がおきやすくなります。

特に女性は、骨盤内が冷えますので、女性特有の嫌な症状が強くなります。

女性は、冬でもスカートをはくことが多いため、足は冷えやすい状況です。

なるべく、丈は長く、股上が深いものを選んだほうが良いですし、出来ればスカートではなくパンツスタイルにしたほうが良いと思います。

また、厚手のストッキングや毛糸のパンツ、腹巻など、見えないところでも下半身を冷やさない工夫をすることをおすすめします。

鍼灸整骨うりずんにも冬になり様々な症状が悪化してきたことでご来院される方が増えてきました。

お灸を中心とした温める治療や体を温めるアロマを使った施術の割合が増えてきています。

患者様は、体が温まると一様にホッコリとしたいい表情になり、体の症状も楽になったと喜んでいただいております。

寒くなり体が冷えてつらい方は、まず寒さ対策をしていただくことが大切です。

それでもなかなか体の冷えが取れないような方は、是非、鍼灸治療やアロマテラピーなどの施術を受けることをお勧めいたします。

体の冷えが気になる方は、千葉市中央区 鍼灸・メディカルアロマ治療院 鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

冬の養生 その1 寒さ対策  

冬の養生 その2 休息 睡眠 

冬の養生 その3 冬の入浴法の1 シャワー入浴をさけ、湯船につかりましょう  

冬の養生 その3 冬の入浴法の2 お湯の温度はどれくらい?

冬の養生 その3 冬の入浴法の3 入浴の時間

冬の養生 その4 冬の運動法の1 『冬の運動は体調に合わせてやりましょう」

冬の養生 その4 冬の運動法の2 冬に始めてはいけない運動

冬の養生の5 冬にお勧めの運動法の1 呼吸法と運動の時間

 

2014/12/07

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面