コラム

HOME» コラム »生理のときの血(経血)の状態で、体の調子を知りましょう。

コラム

生理のときの血(経血)の状態で、体の調子を知りましょう。


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

今日は、生理のときの血(経血)の色や性状が、体の状態をよく表しているということについてお話したいと思います。

生理痛、生理不順、更年期障害、不妊症などの婦人科系のお悩みをお持ちの患者様に治療をするときには、経血の状態をうかがって、その人の体質や生活習慣などをチェックする指標にします。

経血の色や性状は、治療をする上で患者様の症状に対して、どのようにアプローチすればよいかということを教えてくれる大切なヒントになるからです。

経血の状態は、他人と比べることができないので、ご自身の経血が、普通であると思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、人それぞれからだの状態で、だいぶ違いがあります。

経血の状態は、体の状態を教えてくれているサインです

体が出しているサインを見逃さないようにして、普段からの養生に反映することが大切です。

ご自身の経血の状態をチェックしてみましょう。

【経血の色】 正常な経血) 経血の色は、血液の色よりもやや濃い目です。

(薄いピンク薄い茶色い経血)

体の元気や血の量が不足しています。

胃腸に負担がかからない程度に温かく栄養のあるものをよくかんで食べたり、体に元気が出るように軽い運動をしましょう。

(赤紫色の経血)

体の中に流れる気と血が滞っています。

ストレスを日常的にためていませんか?

リラックスや気分転換も大切です。

軽い運動をして汗を流したり、ストレスを減らす、いい塩梅の生活を心がけましょう。

(どす黒い血)

血が冷えて、血の滞りがあります。

冷たいものの摂りすぎなど体は冷やしていませんか?

体を冷やさないように気をつけましょう。

(血の色が真っ赤な経血)

体に熱がこもっています。

辛いものや刺激物の取りすぎに注意が必要です。

【血の塊】 (正常な経血) 血の塊はありません。

(経血の中に小さい血の塊がある)

気の滞りがあります。ストレスに注意が必要です。

(経血にレバー状の大きい血の塊がある)

血の流れに滞りや余剰な水分あり滞っています。過度の飲酒や甘いもの、脂っこいもの、肉のとりすぎに注意しましょう。

【経血の性状】 (正常な経血) 普通の血液よりもやや濃く、若干の粘り気があります。

(ドロッとしている、ネバネバしている経血)

体の中に余分な水分があり滞っています。

(さらさらして水のような経血)

体の元気や血の量の不足状態です。

 

あなたの経血は、いかがでしたか?

生理痛、生理不順、冷え性、不妊症、更年期障害にお悩みの方は、どこかに当てはまっていると思います。

例えば、経血がどす黒くネバネバして、血の塊が出るようでしたら、冷たいものの食べ過ぎ飲みすぎをしすぎている可能性があります。

赤紫色でレバー状の大きい血の塊が経血に混じる方は、強いストレスを受けていて、ついつい食べ過ぎ飲みすぎをしていませんか?

経血が薄くてさらさらしている方は、胃腸が弱かったり、ダイエットのしすぎなどで、栄養失調になっていて、元気が出なかったり貧血にはなったりしていないでしょうか?

経血の状態は、自分の健康状態を教えてくれる大切なサインです。

月に一度、自分の健康状態をチェックをしてみてください。

鍼灸治療、メディカルアロマテラピーは、血行を改善し、元気を高め、体の冷えを取る最適な方法です。

生理に際し、嫌な症状や不安がある方は、ぜひ千葉市中央区の鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

2014/10/17

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面