コラム

HOME» コラム »冷え性は、女性のおからだのお悩みの大敵です。

コラム

冷え性は、女性のおからだのお悩みの大敵です。


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

冷え性は、多くの女性が悩まされる嫌な症状です。

女性の体は、断熱材の代わりになる皮下脂肪が厚く、冷えをためやすい上に、熱を作る筋肉量が男性に比べて少ないために冷えが体にとどまりやすい傾向にあるため、冷え性に悩む方は、女性に多くいらっしゃいます。

気温が下がっていくこれからの季節は、悪化しやすく、体を冷やさないように気をつけなくてはいけません。

冷え性は、血行不良の症状です。

冷え性の方は、気温が寒くなるにつれて、首肩のこり、頭痛、腰痛、こむら返りなどの血行不良による症状は、強くなる傾向にあります。

特に、女性ホルモンの分泌に乱れがあり、女性特有のお悩みをお持ちの方は要注意です。

女性ホルモンには、血管をやわらかくする働きがあるため、血行不良がおきやすくなるからです。

女性ホルモンは、骨盤内の卵巣から分泌されます。

体が冷えて、骨盤内の血行が悪くなると卵巣の働きは落ち、女性ホルモンの分泌は低下します。

体が冷えやすいから、女性ホルモンの分泌が悪くなり、女性ホルモンの分泌が落ちるから、体はさらに冷えやすくなる。

この悪循環が続くと、月経不順・生理痛・更年期障害やPMS(月経前症候群)などの様々な婦人科系の症状が強くなります。

電気製品が普及した現代では、夏の暖かいときには、クーラーで体を冷やし、一年中を通して、冷たい食べ物や飲み物を取れるようになりました。

また、自動車やインターネットの普及で、目的地まで歩いて移動しなくても買い物や仕事ができるようになりました。

しかし、生活が便利になったことで、体を冷やしやすくなり、体を動かし温める機会が少なくなってしまったといえます。

「冷えは万病の本」、特に月経不順・月経困難症・PMS(月経前症候群)更年期障害などの婦人科系の症状に悩まされている方には、大敵です。

日常的に冷たいものの飲食を避け、体を温める食べ物・飲み物をとり、あえて、近い距離ならば歩く、エレベーター・エスカレーターを使わずに階段を上り下りする、毎日適度な運動をするなどの小さな努力を積み重ね、体の冷えを取り、温かい体が作れるように心がけましょう。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピーは、体の冷えを取り、体が温まろうとする力を賦活化する最適な医療です。

体の冷えが気になる方は、ぜひ鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

2014/10/16

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面