コラム

HOME» コラム »女性特有の腰痛は、鍼灸整骨うりずんで、

コラム

女性特有の腰痛は、鍼灸整骨うりずんで、


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

台風18号も過ぎ、今日はよいお天気になりそうです。

我が家では、治療院のリネンに加え、汚し盛りの子供が3人いるため、洗濯物の量が一般家庭の2倍から3倍はあると思います。

私も診療の合間を縫って、洗濯物を干したり、たたんだりと妻の手伝いを毎日せっせとやっております。

そんなわけですから、雨が続き、洗濯物が乾かないと「治療院用のタオル足りるかな?」とか「子供たちの服は十分かな?」などと考えてしまうのですが、今日は、洗濯物もよく乾きそうで一安心というところです。

今日は、婦人科疾患にまつわる腰痛についてお話しようと思います。

女性の場合、骨盤内に子宮・卵巣といった女性性器があるため、これらの異状によって骨盤周囲、腰部に痛みが出ることがあります。

腰痛に伴い、不正出血、生理痛、お腹の張り、下腹部痛、過多月経、貧血、便秘、尿の出が悪いなどの症状がある場合は、婦人科疾患を疑う必要があります

もし腰痛に伴い、上記の症状が出るのであれば、ぜひ一度、婦人科を受診することをお勧めいたします。

腰痛の原因となる婦人科の病気としては、子宮筋腫 子宮内膜炎 子宮内膜症 子宮癌 月経困難症などがあります。

特に癌は、治療の機会を逸すると命にかかわる病気です。

また、子宮内膜炎は、膣から入ったばい菌によって引き起こされる起こるため、薬剤による治療が必要になります。

ご自身の腰痛がどのような原因で起きているかということをしっかり把握して適切な治療を受けることは大切です。

婦人科疾患が原因で起こる腰痛の中で、鍼灸治療・メディカルアロマが有効なのは、月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症に伴う腰痛です。

月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症によって起こる腰痛は、血行不良と冷えにより悪化する傾向があります。

鍼灸治療・メディカルアロマは、全身の冷えと血行不良を改善し、骨盤内の血流を改善する治療法です。

当院にも月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症に伴う腰痛に悩まされて来院される患者様は、多くいらっしゃいます。

婦人科疾患に伴う腰痛でご来院される患者様には、腰痛以外にもお腹・腰・足・太ももなどの冷え、首肩のこり、肌荒れ、手足のだるさなどの血行不良の症状をお持ちという特徴があります。

血行不良の状態を東洋医学では、「瘀血(オケツ)」といいます。

月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症自体が「瘀血」の症状ですが、治療を継続することで、全身的に「瘀血」を改善し、月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症によりおこる腰痛はもとより、手足の冷え、首肩のこり、肌荒れ、手足のだるさなどの症状も同時に改善していくとお喜びの声をいただいています。

繰り返しますが、不正出血・生理痛・お腹の張り、下腹部痛、過多月経、貧血、便秘、排尿困難などの症状が腰痛に伴うときは、まずは婦人科を受診して、自分の病態を正しく知る必要があります。

しかし、出ている腰痛を悪化させるのは、日常の生活で生まれたご自身の体の中にある、冷えや血行不良です。

西洋医学の治療は、冷えや「瘀血」を改善することがあまり得意ではありません。

鍼灸整骨うりずんでは、西洋医学的な病態把握と治療、鍼灸治療・メディカルアロマのような全人的・包括的に自然治癒力を向上させる治療を融合させることで、婦人科疾患が原因となる腰痛に対する最良の治療になると考えております。

婦人科疾患に伴う腰痛をお持ちの方は、体の冷えを取り、血行不良を改善する鍼灸整骨うりずんの治療をぜひお試しください。

2014/10/07

コラム

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ 

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面