コラム

HOME» コラム »PMS(月経前症候群)は、精神的ストレスが大きく影響する症状です。

コラム

PMS(月経前症候群)は、精神的ストレスが大きく影響する症状です。


千葉市中央区 婦人科疾患特化型治療院 鍼灸・メディカルアロマの鍼灸整骨うりずんです。

30歳前後の女性によくある病気に、PMS (月経前症候群)があります。

PMS(月経前症候群)は特に婦人科系の病気が無いにもかかわらずおこる排卵後の「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンの分泌が増えてくる生理前の時期に乳房の張り、肌荒れ、頭痛、眠気、不眠、便秘、下痢、食欲増進、だるさなどの体の不調やいらいら、うつうつ、やる気が出ない、集中力の低下、などの心の不調が出る症候群です

「プロゲステロン」の影響が疑われていますが、実際のところは、医学的・科学的にそのメカニズムは、はっきりと分かってはいません。

しかし、鍼灸整骨うりずんにPMS(月経前症候群)でご来院されている患者様の傾向として、体が冷えている、精神的にストレスを受けやすい、という方が多いと感じています。

30歳前後という年齢は、仕事の責任が重くなる、結婚、妊娠、出産、子育てなどのストレスを抱えやすいころ。

様々なプレッシャーに心と体が反応し、表に現れているのが、PMS(月経前症候群)の諸症状のようです。

PMS(月経前症候群)を予防・改善するには、過労を避け、適切な睡眠、食事、運動習慣を実行することが基本になります。

また、PMS(月経前症候群)では、精神的なストレスやプレッシャーが症状を強くしがちです。

「物事をついつい悪く考えてしまう。」

「相手の言動・行動の裏を考えてしまう。」

といった思考パターンをお持ちの方は、考え方の癖を見直していくことも必要です。

心身のバランスを調え、生理前にがんばり過ぎないようにして、リラックスする方法を見つけましょう。

鍼灸治療・メディカルアロマテラピーは、心身のバランスを調え、深いリラクゼーションを与えることで、PMS(月経前症候群)の嫌な症状を改善するのに有効な治療法です。

鍼灸整骨うりずんでは、PMS(月経前症候群)の症状を抱えてご来院される方に、鍼灸治療・メディカルアロマテラピーを施術させていただき、症状が改善したと多くのご好評の声をいただいております。

生理前につらい症状があるような方は、ぜひ、鍼灸整骨うりずんにご相談ください。

 

2014/10/02

コラム

 

プロフィール

 

 

  • 金親孝明の写真
    金親孝明

    鍼灸師
    柔道整復師

  • 金親孝明の写真
    金親泉子

    鍼灸師
    メディカルアロマテラピスト

詳しいプロフィールはこちら

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

当院のご紹介

患者様の声

女性特有のお悩み

 

管理画面