当院のご紹介

HOME» 当院のご紹介 »鍼灸治療について

当院のご紹介

鍼灸治療について

鍼灸治療

当院の鍼灸治療は、東洋医学・西洋医学の両方の観点より病体を把握し、その病体に適した治療法を患者様に説明し、ご理解いただいた上で、患者様に最もあった治療をさせていただきます。

近年、鍼灸治療も多くメディアに取り上げられ、世間にも大分認知していただいていると感じております。実際に治療を受けたことのある多くの方は、体を鍼灸治療の有効性やお体を回復させる際に感じる癒し効果をご理解いただいているのではないでしょうか?

しかし、まだ鍼灸治療を受けたことがない方は、「近頃、鍼灸はよいって聞くけど、本当に効果あるの?」とか「針が刺さると痛いんじゃないの?」とか、「お灸は熱いし、やけどのあとが残るんじゃないの?」と半信半疑の状況だと思います。

はり・きゅうは痛そうでこわいですか?へのリンクボタン

確かに理論や技術もなく体に針を刺せば痛いですし、お灸をすればやけどをするだけで、体を治すことはできません。ですが、当院の鍼灸師は、針や灸による痛みを抑え治療する方法を心得、治療による痛みを最小限に抑えることが可能な道具を使用しています。患者様の病体を東洋・西洋両医学の観点から検証し、お体の悩みを解消するために適切な「ツボ(経穴けいけつ)」や「筋肉」「神経」に適切な量と種類の刺激を与えることができます。体の治ろうとする力(自然治癒力)を呼び起こしお体のお悩みの改善することで多くの患者様から支持を得ています。

治療風景当院の鍼灸治療は、首肩の凝りや腰痛などの痛みの局所症状に対する治療のみではありません。東洋医学に基づいた問診・脈診・腹診により症状の裏にある体の問題を総合的に把握し、根底にある不調和を調える全身治療もおこないます。全身治療では、自律神経・免疫系・ホルモン系のバランスを調える効果が期待でき、女性特有のお悩み・病院では診断のつかないつらい症状・心と体のバランスの崩れ・免疫力の低下・脳血管障害により起こる様々なお体の不具合に対応することが可能です。

また、鍼灸治療は、投薬による治療と違い副作用がありません。妊婦さん・授乳中の方・アスリート・薬物に対するアレルギーのある方、誰でも安心して受けることができます。

ページトップへ戻る

小児鍼

生後1か月から学童期にかけてのお子様の多様な症状に対応する鍼治療です。

小児鍼は、鍼治療といっても実際に針を刺すわけではありません。先端のとがっていない子供専用の針をツボにあてたり、皮膚表面をやさしく撫でさすることでお子様の体調をととのえます。お子様の皮膚はとても敏感です。軽い刺激で、自律神経・内臓の不調を調える効果が期待できます。多くのお子様は、気持ちよさそうに小児鍼を受けてくれます。

 お子様の脳は、毎日めざましい速さで成長発達します。骨は日を追うごとに太く長くなり、筋肉も発達します。大人になれば当たり前のことがらも子供にとっては、初めての体験や難しい挑戦。あれもやりたい、これもやりたい、あれは好き、これは嫌い、これなに?あれなに?抱っこしてなどなど、好奇心の固まりで、いろいろな欲求があふれんばかりです。しかし、いろいろなことに対する欲求や好奇心に合わせて体が動かなかったり、自分の思いを上手に言葉に表すことができないとそれがストレスになります。そのストレスが、お子様の自律神経のバランスを崩し、いろいろな体調不良を起こすことがあるのです。

小児鍼は、小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善などに効果があります。

お子様の体調や成長にご不安がございましたら、いつでもご相談ください。

ページトップへ戻る

瘀血(おけつ)治療

瘀血治療風景東洋医学のには、「瘀血」という言葉があります。 「瘀」は停滞しているという意味で、血が何らかの原因でよく流れないでうっ滞している状況のことを言います。ほとんどの女性特有の悩みには、この「瘀血」が問題の根底にあります。当院では、「瘀血吸圧法」「吸玉」の治療により瘀血の改善を目指し、女性を中心に多くの患者様の指示を受けています。

ページトップへ戻る

接骨治療

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などの外傷やスポーツ障害等に対し、非観血的な徒手整復術と固定をおこないます。 

当院では、超音波・低周波治療器・レーザー治療器・近赤外線など、各種物理療法機器を導入しており、細やかな術後管理が可能です。生活指導・コンディション管理法の指導をさせていただき、より早い治癒に導きます。

多くのアスリートや交通事故後の症状をお持ちの方に支持されています。

また、当院では、各種社会保険・自賠責保険・労災保険の取り扱いもしております。お気軽にお声をおかけください。

ページトップへ戻る

【鍼灸適応疾患と保険治療】

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

【神経系疾患】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています

鍼灸の健康保険の適用に関しましては、医師の同意書が必要となりますので、ご希望の方は、当院窓口にてご相談ください。

ページトップへ戻る

予約前の確認事項

鍼灸整骨院うりずんでは、巷の整骨院のような施術やエステ・サロンのようなただのマッサージは致しません。

  • ●予約優先制・個室 (新患・急患様は随時受け付けておりますが、予約の状況によりお受けできなこともありますのでご了承のほどをよろしくお願いいたします。)
  • ●慰安を目的としただけのマッサージではありません。
  • ●施術時間は60分ほどです。
  • ●保険は適用できる場合と出来ない場合があります。 (鍼灸の保険適用には、医師の同意書が必要となります。書類は当院でご用意しております。ご相談ください。)

※このような方のお力にはなれません。

お体の状況に合わせて最善かつ最短の治癒をめざしますが、『痛みや重みを一瞬でとってもらわないと困る!嫌だ!』というご要望には、お応えしてかねることがあります。

※キャンセルについて

キャンセルの際は出来るだけ前日までにお電話でお申し付けください。当院ではお客様をしっかり施術するために1日の予約人数に限界があります。そのため、急なキャンセルや無断キャンセルは他のお客様に多大な迷惑がかかります。無断キャンセルされた方は、以後予約はお取り致しかねますのでご了承ください。

予約していたのを忘れてしまった場合は、事後報告で構いませんので2~3日以内にお電話で『忘れました。』と一言お願いいたします。

メニュー・料金・場所のご案内

ページトップへ戻る

お電話からのご予約お待ちしております。043-441-7667

電話応対図

鍼灸整骨うりずんのお約束

ページトップへ戻る

2014/05/28

当院のご紹介

 

鍼灸整骨うりずんの口コミ・感想をもっと見る

 

 

うりずんからのお知らせ と 口コミ情報

はじめての方へ

患者様の声

女性特有のお悩み

コラム

 

管理画面